« ≪山女日記》と<槍ヶ岳> | トップページ | <こどものいびき>と矯正治療 »

2017年11月10日 (金)

<矯正治療とホワイトニングと歯科治療①>

「矯正治療と並行して、口の中の金属の詰め物を白い物に変えたいと思っています。」

「矯正装置が取れたら、金属の詰め物を白くしたいんですが…。」というご質問が、先月は特に多かったように思います。

矯正治療をする!と決意して、さらに、金属のつめものも変えたい。全部きれいにしたい。という場合の治療について今回3回シリーズでお話したいと思います。こちらのブログでも以前にご紹介させてただいた患者様の治療経過に沿ってお話していきますhappy01

まず、今回は矯正治療してから、白い詰め物にするまでの大まかな過程についてお話します(*'ω'*)!2


矯正治療前は、上下の歯列ともに金属のつめものがありました。

1
Photo


下の歯列です。

上下2本ずつ抜歯をして矯正治療を行いました。

6


矯正治療後です。

8

7



上下歯列の金属の詰め物を撤去して、白い自費の詰め物にする場合には、矯正治療後のこの時点から、4か月~半年の時間が必要になります。

何故か?というお話ですが、それは、矯正治療で歯を移動させた後の<保定>を考慮する必要があるためなのです。

当医院のパンフレットや院内新聞でもご紹介しておりますが、ブラケット装置撤去後には<保定>という歯ならび、かみ合わせを安定させるための治療が必要です。

そのため、装置撤去後すぐに審美歯科治療に進むのではなく、一定の保定期間を経ての治療を行っています。Photo_2

保定開始から4か月お持ちいただいてから金属部分の治療を行いました。

このように、きれいな白い歯になりました。3

初診時です。

歯肉の状態も初診時より改善され、それもうれしいことですshine

明日は、矯正治療とホワイトニングと歯科治療の治療の進め方の例についてお話したいと思います(*'ω'*)!(でも、明日は土曜日なので、ここまで来れない場合も・・・。その場合は月曜日になりますrun

今日はとっても良いお天気です!お出かけ日和ですね♬

それではまた(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« ≪山女日記》と<槍ヶ岳> | トップページ | <こどものいびき>と矯正治療 »

成人矯正」カテゴリの記事