« <生えるスペースを作っても、生える方向が変化しない場合> | トップページ | 39歳からの矯正治療 その① »

2017年10月15日 (日)

ブリッジ部分が気になっての矯正治療でした。

Img_7552


治療前後の歯列模型の比較です。

最近では、「ブリッジがあるけど矯正治療をしたい。」というご希望の方も増えてきております。

成人になると、ブリッジがあったり、神経の治療をしてある歯があったりします。Img_7556この模型の患者様は、初診時年齢は39歳3か月の男性です。患者様のご希望もあって、ブリッジ部分を矯正治療でスペース閉鎖した症例です。

歯の凸凹があったとのことで、かなり前に上下ともに2本ずつ、すでに他院で抜歯済みの状態でした。前歯がかみ合っていなかったので、奥歯に過負担がかかり、咬耗(歯が過度に削れている状態)が認められました。

明日から、詳しく治療経過をご紹介して行く予定ですhappy01

今日の日曜診療もあっという間に終わりました。埋伏症例の患者様も、順調に治療が進み、ほっとしました。

今週は、日本矯正歯科学会が札幌で開催されるため、18日の水曜日が臨時休診になり、ご迷惑をおかけいたします。いろいろなことを学んで、また日々の診療に生かしていきますのでよろしくお願いいたしますshine

それでは、また明日(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« <生えるスペースを作っても、生える方向が変化しない場合> | トップページ | 39歳からの矯正治療 その① »

成人矯正」カテゴリの記事