« 下の前歯の凸凹改善の経過写真です(・ω・)♪ | トップページ | <矯正治療の相談・検査・治療の流れ>~その③矯正検査 »

2017年6月13日 (火)

<矯正治療の相談・検査・治療の流れ>~その②矯正検査

矯正治療は、外科手術が必要な場合や先天的な問題がある場合を除いて自費になります。

矯正相談も、矯正検査も歯科医院ごとに料金設定にも違いがあります。さつき野歯科の矯正検査料金は7万円(税抜き)です。

どんな検査をするのか、詳しくご紹介していきます(・ω・)!Img_6639

骨格的な左右のズレがないか、またかみ合わせの高さのズレがないかなどを分析するために必要なのが正面からの規格レントゲン写真です。

側方からの規格レントゲン写真によって、顎の位置、歯の位置、などを詳しく分析します。

このような歯型もとります。歯の型どりをするのはそのためです。レントゲン分析を行う際にも、模型をみながら様々な観点から分析をします。

Img_6636_2これをトレースといいます。

以前ご紹介したCT撮影も、矯正検査で行います。お子様の場合は、必要な時期に撮影します。

Img_6648_2

気道の状態や歯と骨の位置関係、乳歯と永久歯のはえかわりに問題がないか、通常のレントゲンで判断しにくい部分もはっきりわかるようになりました。____12082011_191120

何年か前に、とても悩んだ歯の根の位置コントロールです。

____05112011_100619


この曲がっている上の5番目の歯の根っこは、上顎洞という骨の部分が固いために、うまく成長できなかったと考えられます。

____03122011_092955

CT撮影を行って、3次元的に根っこと骨の位置がわかれば、もう少しだけ治療期間を短縮できたかもしれない。と今になってみると、正直思います。

結果として、歯根吸収を生じることなく、治療を終えることができましたが、CTの必要性を痛感した治療でした。Img_6646
通常のレントゲンでは知りえない情報をもとに、治療期間、その必要性についてじっくり検討していきます。

今日はレントゲン検査についてお話しました。もっともっとご紹介したいことはたくさんありますhappy01明日は、模型分析、シュミレーション模型(セットアップ模型)についてお話する予定ですのでご期待くださいheart04

それではまた(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« 下の前歯の凸凹改善の経過写真です(・ω・)♪ | トップページ | <矯正治療の相談・検査・治療の流れ>~その③矯正検査 »

矯正治療開始までの流れ」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ