« <矯正治療の相談・検査・治療の流れ>~その⑤矯正検査 | トップページ | 2017年も後半に突入し、院内新聞vpl.64発行しました♬ »

2017年6月27日 (火)

反対咬合のⅠ期治療が終了して、今12歳です(*'ω'*)!

Photo


初診時年齢は6歳9か月でした。

「反対咬合で、そしてどこで咬んでいるのかかみ合わせが安定していない」というご両親からの相談でした。O

生えてきた永久歯の前歯、頑張ればかみ合います。なんとか、かみ合う・・・。でも、そうすると他の歯がかみ合わないので、きちんと機能しないのです。

奥歯で咬むと、かみ合わせも反対になります。

口呼吸もありました。C

喉の奥の口蓋扁桃の肥大が認められました。風邪をひいたり、何かの折には化膿したりして痛くなったりします。このような場合には耳鼻科との併診が必要になります。

口呼吸がある場合でも、様々なパターンがあります。下顎が後退していて、気道が狭窄傾向にあるのか、慢性鼻炎が長期化した結果、習慣的に口呼吸してしまっているのか?いろいろな原因があるのです。

Ⅰ期治療を終了後、半年に1回の定期チェックを行ってきました。左手のレントゲン写真を撮影しましたが、まだまだ成長量が残っていますので、ブラケット装置で最終仕上げをするのは先になりそうです。G

今週の日曜日に来院時の状態です。6

ワイヤー矯正を行っていないので、歯のねじれもありますね。

でも、ここまでⅠ期治療でたどり着くことができれば、機能的なかみ合わせで生活することができます。

2
上の歯列と下の歯列です。下の歯列の一番奥にご注目くださいflair12歳臼歯が内側に倒れて生えてきていますね。実は、骨の中にある親知らずがとても大きいのです。まだ12歳ですが、時期をみて親知らずの抜歯を検討する必要があります。

Photo_2

今まで、上下の歯列にブラケット装置は装着していません。

症例によっては必要に応じて部分的にブラケット装置を使用することもありますが、短期間の使用になります。

Photo_3


初診時の状態と現在の状態を比べてみますね。

かみ合わせはとても安定しています。でも、正直に言えば、もうちょっとプラークコントロールを頑張る必要があります。(大きな画面で拡大してみてみると、歯肉の状態がよくわかるのですcatface

G_2

しばらくは、このまま、なにも装置を使用しない期間が続きます。

矯正チェックでの来院は次回は1年後の予定です。

歯磨きを頑張りつつ、虫歯ゼロ!歯肉の状態もパーフェクトな状態で頑張っていきましょうflair

Ⅰ期治療とⅡ期治療の違いについてのご質問をお受けすることが多いのですが、私は<Ⅰ期治療は必要な場合にのみ行う、歯並び、かみ合わせの土台作りのための矯正治療です>とお答えしています。

矯正相談時には、たくさん質問してくださいねhappy01

できるだけわかりやすく説明していきますsun

では、また金曜日にお会いしましょう(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« <矯正治療の相談・検査・治療の流れ>~その⑤矯正検査 | トップページ | 2017年も後半に突入し、院内新聞vpl.64発行しました♬ »

反対咬合」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ