« 運動会とおかずばっかり弁当!そして・・・。 | トップページ | 反対咬合のⅠ期治療が終了しました(*'ω'*)! »

2017年5月23日 (火)

DHコジマの矯正治療~その⑤~


今日は、一昨年の12月1日に矯正装置を撤去したDH.コジマの装置撤去~保定についてお話します。Photo

1

ブラケット装置をつけて、治療していた期間は1年半と3週間でした・・・。だいたい1年7か月、ということですねshine

今日、DHコジマと話していて判明したのが、保定を開始してあと1週間で1年半になる!ということです。(装置を外してからもう1年半・・・。ということです。)

あっという間ですね。_23052017_121103_2



保定装置は歯ぎしりについての考慮も必要でしたので、マウスピースタイプの装置を使用していました。

H

初診時の状態と、治療終了からもうすぐ1年半たつ今日の状態を比べてみましょうflair

_23052017_121106_2
安定しています♬基本的に、ブラケット装置を装着していたのと同じくらいの期間は保定が必要だと考えられてきました。

でも、その期間がすぎても、保定装置は1週間に1回でもつけてみてほしいと私は考えています。

フロスが単に歯の汚れを落とすだけではなく、虫歯の早期発見や、虫歯を治療した部分の不具合の早期発見に効果的なように、<リテーナーが合わなくなった時には何か問題が起きている可能性がある>ということに気づきやすいためです。

親知らずの影響でも、歯周病によっても、歯と歯の間の虫歯の影響によっても・・・歯並びやかみ合わせは微妙に変化するのです。

そんな訳で、皆さんにも「リテーナーは大事にとっておいて、たまに合わせてみてくださいね(*'ω'*)♪」とお話しています♬

ではまた明日(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« 運動会とおかずばっかり弁当!そして・・・。 | トップページ | 反対咬合のⅠ期治療が終了しました(*'ω'*)! »

DH.コジマの矯正治療」カテゴリの記事