« スプリント装置は意外に薄いのですよ(*'ω'*)! | トップページ | 矯正治療してよかったですか?(・ω・)? »

2017年4月19日 (水)

歯ぎしり、くいしばりが<長期間に及ぼす影響>とは??

Img_1337

昨日に引き続き、歯ぎしり、くいしばりについてのお話です(・ω・)!

スプリント装置を使用することで、個々の歯への過負担は減少します。

個々の歯に対する過負担?それはどんなことかというと・・・Img_1344
上の写真は前歯で咬む部分です。かみ合わせの力が集中することで、歯がすり減り、クラック(この場合は表面的なヒビ)が入っているのがわかりますね。

ここまでは昨日お話しました。でも、歯ぎしりする場所は、一つではないのです。wobblyそこが問題です。Img_1341


Img_1342_3



この写真と、下の写真を比べてみましょう!2番目の前歯と強く当たる場所、3番目の場所と強く当たる場所がわずかに違うのです。

そして、怖いのは、この部分でくいしばる時、<他の歯は咬合していない!>ということなのです。


このような個々の歯にかかる過負担によって、歯が欠けたり、治した部分が外れたり・・・。

歯と歯肉の境目部分、歯科用レジンで治療した跡がありますが、就寝時の歯ぎしりに問題がある場合、何回もこの部分の治療を繰り返すことになってしまうのです。

模型でかみ合わせの状態を確認するだけではなく、このように写真で確認する場合もありますbud

<歯ぎしり、くいしばり>を止めることはとてもとても難しいのです。不可能、といってもいいのかもしれません。なぜなら、無意識下にある行動だからです。

でも、スプリント装置を使用することで歯へのダメージを食い止めることはできますflairflairflair

歯のすり減りが気になる方はお気軽にご相談くださいshine

今日はものすごい風ですtyphoontyphoontyphoonでも、いいお天気!カーペットなんてすぐに乾きそうですねhappy02明日は休診日です。

また金曜日にお会いしましょう!それではまた(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« スプリント装置は意外に薄いのですよ(*'ω'*)! | トップページ | 矯正治療してよかったですか?(・ω・)? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ