« 上の歯列が狭いと、どんな問題があるのでしょうか(・ω・)? | トップページ | <こどもの反対咬合>~上顎の成長が弱い場合~ »

2017年4月 7日 (金)

歯肉退縮に注意して治療を進めています(・ω・)!

8


初診時に2番目の歯、3番目の歯(犬歯)部分の位置不正が大きく、歯の移動量も多くなること、歯の根の形態の問題もあって、歯肉退縮(歯肉が下がること)に細心の注意が必要だった患者様です。

6

0上下左右の第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜歯して治療を行っています。

____01062015_112437


2015年6月です。

____23052016_112643

2016年5月、去年の写真です。上の写真とこの写真撮影の間に、一度装置を撤去して結婚式を挙げられました。(ブライダル矯正の場合は治療途中で一度装置を撤去して、お式、旅行の後にまた治療を開始します(・ω・)!)____07042017_115418

今日の写真です。初診の写真と比べてみましょう!J
8_2


治療開始から、2年程度の時間がたち、なんとか歯肉退縮も問題なく経過することができています。

歯を動かす際に、歯磨きの状態が極端に悪かったり、もともとの歯肉が薄かったり、様々な問題で歯肉退縮が生じます。

治療中の歯磨きは大切です(・ω・)!歯科医師、衛生士も歯磨きについては丁寧にアドバイスさせていただきますが、毎日のケアが一番大事shineなのは言うまでもありませんflair

秋には装置撤去の予定ですheart04もう少し一緒にがんばりましょう!

今日は雨降りの秋葉区です。皆様も風邪をひかないようにお気をつけくださいませcatface

また明日お会いしましょう

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« 上の歯列が狭いと、どんな問題があるのでしょうか(・ω・)? | トップページ | <こどもの反対咬合>~上顎の成長が弱い場合~ »

成人矯正」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ