« <インプラント>にするか?<親知らず>を動かすか? | トップページ | <なつみはなんにでもなれる>と<蜜蜂と遠雷> »

2017年2月 8日 (水)

矯正治療が必要な場合と、そうではない場合とは?(*'ω'*)?

___31032015_160100

さつき野歯科・矯正歯科医院は、一般歯科の診療スペースと矯正歯科の診療スペースが分かれています。

でも、「矯正が必要かどうか、ちょっと見てほしい。」と、時々呼ばれます。

上のレントゲン写真の患者様の場合もそうでした。小学校低学年の女の子。「前歯の隙間が気になる。」とのお母様からのご相談でしたが、この場合、経過観察となりました。

前歯が永久歯に生え変わって、犬歯(糸切り歯)が出てくるときに、前歯の真ん中の隙間は自然にクローズすることもあります。犬歯の方向に問題がないこと、かみ合わせに水平的なズレも、垂直的な問題も認められなかったのでそのようにお話しました。

経過観察の場合、必要に応じてまた一般歯科から連絡がきて、チェックを継続することになります。

____06052016_163443

この男の子の場合は、矯正治療の介入が必要だと診断しました。上の犬歯(上の歯列の真ん中から両側ともに3番目の歯→一番上にある、2本の歯です)が、どちらも出てくる向きに問題がありました。____06022017_172353

犬歯の方向が変わったのがわかります(*'ω'*)!

次のケースは、乳歯の虫歯が原因で、永久歯が骨の中で横を向いてしまっています。____31082009_113759このような場合には・・・____08112009_103302
もちろん、矯正治療で起こします。

乳歯と永久歯の生え変わりは、自然にスムーズにいく場合もありますが、そうでない場合も、もちろんあります。

左右の歯を比べてみるのも一つの方法です。片方の歯は生え変わったけれど、半年たっても、反対側は抜けないなぁ・・・。など、歯磨き、仕上げ磨きをしながら気を付けてみてみると良いのでは?と思います(*'ω'*)!

明日は休診日です(・ω・)。インフルエンザも流行っていますが、なんとか乗り切っていきたいですね♬それではまた(^^)/

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« <インプラント>にするか?<親知らず>を動かすか? | トップページ | <なつみはなんにでもなれる>と<蜜蜂と遠雷> »

矯正歯科」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ