« あっという間の1年でした! | トップページ | 6歳3か月から開始した反対咬合治療です♪(・ω・)♬ »

2017年2月 1日 (水)

反対咬合、自然に治る?(・ω・)?

「反対咬合が気になる」とのことで矯正相談にいらした時、6歳8か月(男児)でした。

1


このような状態を交叉咬合 といいます。右は奥歯まで反対咬合ですが、左の奥歯をみると、ちゃんとかみ合っていますね。

 

3_3
横からみると違いがよくわかりますね。2_2

人間の体の骨は、すべて同時に大きくなるわけではありません。上顎の成長はほぼ10歳で終了しますし、下顎が成長する時期は思春期成長時期でだいたい中学生頃、身長が伸びる時期になります。

上顎の成長を誘導できる時期には期限があることから、さつき野歯科・矯正歯科医院では、反対咬合に関しては特に、早期に治療を行っています。

____26112014_173434

始めは取り外しタイプの装置で治療を開始し、その後急速拡大装置、上顎前方牽引装置で治療を行いました。____30012017_170334_2

____30012017_170337_4




現在9歳1か月です。反対咬合(交叉咬合)は改善し、機能的に咬合しています。個々の歯の位置、凸凹については、中学生頃にブラケット装置で治療(Ⅱ期治療を行う予定です。

____30012017_170336_3今後は1年に1回、骨の成長状態を確認するレントゲン写真を撮影しながら、プラークコントロールを頑張りつつ、経過をみていくことになります。
よく、「反対咬合って、大人の歯に生え変わる時、自然に治るって思っていた・・・。」というお話をよくうかがいますが、自然に治るケースと自然には治らないケースがあります。

今日から2月ですね!今日はこの後、この男の子の妹さんの治療経過もアップする予定です(・ω・)!それではまた♬

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

 

« あっという間の1年でした! | トップページ | 6歳3か月から開始した反対咬合治療です♪(・ω・)♬ »

反対咬合」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ