« 前歯を抜歯する場合もあります・・・(・ω・)! | トップページ | <蜜蜂と遠雷>に、泣きました・・・。 »

2017年2月15日 (水)

小学校入学前に、歯医者さんへ行きましょう(*'ω'*)!

今回は、<小学校前に歯医者さんへ行きましょう!>というタイトルでお話したいと思います(・ω・)!なぜか?というと、過剰歯を抜歯しやすい時期でもあるからなのです。

まず、過剰歯??ってなんだろう・・・。というところです。

下のレントゲン写真をよく見てください(*'ω'*)。骨にもぐっている、上の歯の真ん中に、小さい歯があるの、わかりますか?特に白く見える、重なっている小さい歯です。

____20012017_153311_5

Img_5902_3

過剰歯って、そんなに珍しいものでもないのです。よくあります。でも、「虫歯もない、歯並びも問題ないのでしばらく歯医者さんに行ってなかった。・・・」という場合、その存在を知らずに何年も経過してしまうケースも中にはあるのです。この場合、一番過剰歯を取りやすい時期を逃してしまうことになったりします。

過剰歯の部位、向きには様々なパターンがあります。上の記事の場合には、2本ありました。

逆方向を向いている過剰歯を、<逆性埋伏過剰歯>といいます。通常とは逆向きに生えようとするので、鼻の中から抜歯する場合もあります。

____26102013_153532_3

上のレントゲン写真は矯正治療をご希望されて来院された患者様です。12歳になると、ほぼ永久歯に生え変わりますが、埋伏歯も大きくなり、鼻の方へ進んでいました。矯正治療前に大学病院で過剰歯を抜歯することになったケースです。

はじめにご紹介したレントゲン写真、実は就学前のお子様です。____20012017_153311_6

もう一度みてみましょう。ちょうど、この時期、乳歯がグラグラしてきて、永久歯が生えてきますね。乳歯が抜ける時期、まだ過剰歯が小さい時期に取るのがこの場合、一番負担が少ないのです。

もちろん、過剰歯があっても緊急性のない場合、経過観察になる場合もありますし、永久歯の根の成長を妨げる可能性がある場合はすぐに過剰歯の抜歯ができない場合もあります。

骨の中で、過剰歯がある場合や、逆に永久歯の数が足りない場合、永久歯の向きに問題がある場合など、この時期に把握しておくことのメリットは大きいと思います。

<小学校入学前に歯医者さんへ行きましょう!>、というのはそういう理由からですclub

明日は休診日になります!また金曜日にお会いしましょう(・ω・)!それではまた♬

にほんブログ村
美容ブログへ に
ほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟(市)情報へ

« 前歯を抜歯する場合もあります・・・(・ω・)! | トップページ | <蜜蜂と遠雷>に、泣きました・・・。 »

育児」カテゴリの記事

ウェブページ

最近のコメント

無料ブログはココログ